2019年03月25日

ニセコ復活パウダー

IMG_2818.jpg

3月に入って陽気も一気に加速、すでに何度かザラメ雪状態になった春山も経験している今日この頃。
もうパウダーシーズンも終わりだなと思っていたら、突然の冬型気圧配置。
この週末は奇跡の復活パウダーを味わった。

ニセコ旧チセスキー場経由でシャクナゲ山ビーナスの丘を目指す。
浅い新雪を踏みしめてのラッセル。
ビーナスのてっぺんでシールを剥いで滑走準備をしていると さっきまで見えていたチセヌプリも雲に隠れてしまい
お目当ての大斜面も真っ白けになってしまった。
太陽が顔を出すのをしばし待ったがどんどん白くなってきてしまった。

しかたなく滑り始めると雪は良い。
長沼目指して途中まで滑り下りたのだが、納得がいかない。
こんなはずじゃないと再びシールを張って、ハイクアップアゲイン。

するとふさがっていた曇り空がみるみる開けてきた。
急いでシールをはがし、お替り2枚めは今シーズンサイコーとも思えるいいのをいただいた。

IMG_2834.jpg

参加者それぞれが思い思いのシュプールを描いて長沼のボトムまでおよそ標高差200mのパウダーを味わった。

IMG_2843.jpg
はたして、もう1回はあるのか?
温暖化JAPAN!

posted by 宮下岳夫 at 15:49| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る