2018年09月20日

東大雪 丸山(1692m)

IMG_E1108.JPG

東大雪の丸山はニペソツ山とウペペサンケ山の中間に位置する地味な山だが、「山と渓谷社」がかつて発行した日本の山1000にも選ばれた玄人好みの名山だ。
大雪山国立公園の中では旭岳、十勝岳と並んで唯3の活火山でもある。
今なを噴気を上げる丸山噴泉塔と呼ばれる石灰岩ドームは、地元上士幌町の天然記念物にも指定されている。

かつては、この近くまで車道が伸びていて、噴泉塔までは観光客が歩いて訪れることができたというのだが、今は度重なる水害により、林道は崩壊して通行止め、荒れ果てていて訪れる人は稀な秘境となってしまった。

IMG_1101.JPG

林道も橋も4年前の台風の爪痕を残したままだ。

IMG_1111.JPG

こちらが丸山噴泉塔
今も年に7〜8p成長しているとの事

車は幌かダムの先、林道がループでつながる所で通行止め。
ここから荒れた林道をたどると4の沢に架かる橋は流失、5の沢二股に架かる望山橋は土砂に埋もれていた。
5の沢出合から林道をたどるのだが、めちゃめちゃに破壊されていて所々で道を失う。
踏み跡らしきを繋ぎ、なんとか噴泉塔着。ここまで3時間。

噴泉塔から先は沢登りとなるのだが、とくに問題はなく、ぐんぐん高度を上げて行く。

IMG_1104.JPG


最後はウペペサンケ山をバックに笹を軽く漕いで三角点のある頂上に立つ。
登りは全部で5時間。

今回の参加者の一人は名山ハンターで、これで980山を達成したそうです。

下山も結構大変。

自身2度め登頂でしたが、もう行かなくても良いなぁ。
ちなみに丸山はノマドが選出した「北海道200名山」の一座でもあります。

アルパインガイド ノマド 認定 北海道200名山
nomad二百山 1-100  nomad二百山 101-200
posted by 宮下岳夫 at 16:49| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る