2017年05月08日

GW暑寒別岳

今年のGWはクライミングとスキーを細かく分けてツアーを組みました。
その中でもベストツアーが暑寒別岳の山スキーでした。
札幌を昼前に出発、暑寒荘まで車を乗り入れ、まずは外で乾杯!
小屋は先客もいましたが、余裕でした。4日間スティという人もいて、ビックリポン。

IMG_9293.JPG

IMG_9298.JPG

今夜の夕食はイタリアンサラダとチーズフォンデュー
ワインをけっこう飲みましたね〜
3時スタートから8時過ぎまで、デスクワークと違って酒は5時間も飲み続けられるんですね…

IMG_9301.JPG

前日は強風のため登頂できた人はいなかったそうですが、この日も強風。
ドームの所で12〜3mの風で吹っ飛びそうでした。
登頂をあきらめて下山する人も出る中、我々は暑寒荘に居つくカメムシのように斜面にへばり付きながら
頂上を目指します。

IMG_9303.JPG

大斜面直下まで来ると風も幾分収まり、なんとか行けそうな感じになって来ました。
遠く海上には真っ白な利尻も浮かび上がっています。

IMG_9307.JPG

小屋を出てから5時間。
快晴の暑寒別岳に登頂!
大雪山や羊蹄山までくっきり見えています。

他の登山者たちが往路を下山していく中、ノマドチームはまず、美味そうな東斜面を軽く落とす。
障害物のない大斜面をどこまでも引きずり込まれていきそうになる衝動をこらえて、高差100mほどで我慢して
往路の北斜面側へトラバース。

IMG_9323.JPG

北斜面もちょうど良いザラメ。
標高差は250m以上ある。思いっきりぶっ飛ばすも後半は足がヨレてきて滑りが雑になってしまった。

IMG_9333.JPG

来し方を振り返る。

途中、チョイ藪はあったものの、小屋まで滑り込んで終了。
真冬のパウダー&ラッセルと違って春は大きく移動できるのが魅力。
トラバースも楽々なので、大斜面のハシゴが可能です。
春スキー万歳な日でした。


posted by 宮下岳夫 at 13:20| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。