2016年12月20日

冬山準備合宿 IN カミホロ

<sIMG_7468.jpg

毎年恒例のノマド冬山準備合宿へ行ってきた。
この時期にカミホロへ行って一気に体を冷やして、冬山モードのチェンジするのが目的だ。
案の定、今年も3日間の悪天候が約束されているし・・・

sIMG_7460.jpg

札幌も朝の雪で渋滞、しかも参加者の一人が車の鍵をなくしたりのアクシデントが重なり、出発が遅れる。
昼過ぎに十勝岳温泉に到着。
この日は雪崩トレーニングとショートロープからのレスキューなどを猛吹雪の十勝岳温泉駐車場で暗くなるまで行う。

sIMG_7465.jpg

今回の食糧係りは新人の翔平くん。
回鍋肉丼と中華スープ。うまかったし。
狭いテントの中に7人が入り、楽しく夕食。

翌朝はパスタを食べてからテント撤収後、スキーで安政火口へ。
アイゼンに履き替え、カミホロ北西稜に取り付く。

IMG_7474.JPG

カッチカッチ。

IMG_7475.JPG

途中の斜面で滑落停止などの雪上訓練を行う。
その後、3パーティーに分かれて登攀開始。

sIMG_7477.jpg

気温はマイナス20度、風も15m。
恐ろしく寒い。
グローブの中の手はグーだ。

IMG_7481.JPG

峻はどんな時でも笑顔です。

3パーティーの最後尾を猛吹雪の稜線で待ち、視界10mの中、カミホロ避難小屋へ逃げ込む。

sIMG_7484.jpg

焼酎も氷着く寒さだ。
湯煎して解凍していたら、メンバーたちも手が痛いと苦悶している。
見ると手の指先が紫色に変色。ヤバい・・・。

IMG_7485.JPG

こちらも湯煎・・・。
4時間半続ける。
飲み終えた焼酎のペットボトルにお湯を入れて湯たんぽを抱いて寝る。
凍傷の人は飲んでませんので。

翌朝も吹雪だ。
厳重な防寒装備で下降ルンゼを目指す。

スキーデポ地点まで予定通り2時間で帰着。
そこから、紐登山靴で凌雲閣までスキー滑走だ。
去年は大変だったが、今年は腕を上げたようでスムーズに温泉イン。

とりあえず、少なからずダメージを負ったがノマド通常営業中です。



posted by 宮下岳夫 at 16:37| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。