2014年04月21日

アルプス オートルート

2014 オートルート 169.JPG

しばらくぶりです。
ヨーロッパアルプス オートルートの山岳スキーツアーから帰って来たとこです。

「オートルート」と聞くと自動車道を想像する人も多いかと思いますが、
これはフランス語の「高い道」つまり、山々を潜り抜ける縦走路の事を意味します。
積雪期のこの時期は山岳スキーによってのみ走破が可能な上級者向きのコースで、
途中にある山小屋に宿泊しながらフランス、イタリア、スイスと三国を滑り抜けました。

2014 オートルート 020.JPG

まずは、フランスのシャモニーで「バレーブランシュ」…白い海と呼ばれる広大な氷河を滑りました。
シャモニーに着いて驚いたのは、非常に雪が少なく暖かいという事…20℃以上ありました。
過去30年、合計22回めのオートルートですが、今までで一番雪が少ない。

2014 オートルート 058.JPG

ツクモグサ…(アルペンアネモネ)咲く中、のんびり登ると言いたいとこだが、けっこう暑さでへとへと
山小屋のビールを楽しみに頑張ってる所です。

2014 オートルート 067.JPG

今回はガイド2+お客さん8という大所帯
ビッグマウンテンスキーヤ-佐々木大輔と単に態度のでかいおじさん:宮下岳夫同行とあって
全国から足に覚えのあるスキーヤーが参加しました。

連日の好天でパウダーは何処にもなかったけれど、全日程 快晴に恵まれるという幸運

2014 オートルート 092.JPG

信じられないような崖の上に立つ スイスのベルトール小屋
夕日がとてもきれいでした。

2014 オートルート 159.JPG

山小屋での楽しみは地酒の焼酎 グラッパやウイリアムを飲む事。
以前、一人で8杯もお代わりしたら、山小屋のご主人に怒られましたが、今回は小屋の女主人の計らいで
居合わせた各国のガイドさんだけ、という事でワインとハムやチーズを魅了で振る舞ってくれました。

2014 オートルート 108.JPG

2014 オートルート 201.JPG

最終日はマッターホルンを目指して大滑降
なんせ、天気が良かった!

ツエルマットを去る日、20日ぶりくらいに雪が降る
けっこう激しい降り方で、山の上にいたら行動不能、雪崩頻発ものの悪意天候でした。

俺達、ラッキー!

posted by 宮下岳夫 at 16:52| 北海道 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る