2011年12月01日

間宮 林蔵

180px-Sakhalin[1].png

ご無沙汰ゴブちゃんです…(意味不明)

どうも11月は好きじゃないんだよね〜だよね〜

最近、吉村昭の「間宮林蔵」読みました。
蝦夷地ゆかりの幕末の探検家。それまで樺太は大陸と地続きの半島とみなされていたのだが、多くの探検家がその確認に失敗、そしてついに林蔵が苦難の末に最北端が海であり、樺太が島である事を確認する。

世界地図の中に唯一、日本人の名前が付いたのは、ここ「間宮海峡」のみです。

北緯50度から南は、かつて日本の領土であったのだがロシアの侵攻により、第二次大戦最終戦の地となり
盗られてしまった。

日本政府は国後、択捉島に関しては北方領土としてアピールを続けるのだが、樺太に関してはロシアの実行支配の地として、なぜか言及しない。

富良野研修用 020.jpg

何年か前になるけど、ロシアビザを取って行ってきました、樺太の山へ。
(ちなみに国後島は日本なので、ビザ取得して渡交すると憲法違反になります)

今だから告白しますが、到着した初日の夕食に睡眠薬盛られて、両替したルーブル全部盗まれました。
この話は長くなるので、省略しますが、ロシアひどい国です。

いつだったか、ロシアの原子力潜水艦が沈没した時に、乗組員が海底からモールス信号を送りつづけたんだけど、ロシア政府は見殺しに!しかも記者会見場で騒ぎ立てたおばさんに、服の上からブスと注射をして、途端に足元がくづれるという衝撃映像が、テレビで全世界に流れてましたよね。

お医者さんが言ってたんですけど「打った途端に効くのはそうとうヤバイ薬だそうで、あなたのは翌朝、目が覚めただけ良かったと思ったほうが良い」と・・・

今日のところは、そんなところで・・ぺんぺん!(み)



posted by 宮下岳夫 at 17:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る