2011年03月02日

やばくね?

単なる危惧かガセネタか…?

sP2260001.jpg

「災害は忘れたころにやって来る…」
台風とか地震とかはそういうもんだったと思うが、最近多すぎないか…!?

街の本屋で見かけてタイトルが気になったのでつい買って読んだ。
その直後にNZの地震…

本の中身は電磁波によって大型台風を起こしたり、その進路をコントロールしたり、また地震や津波を起こすことが可能であり、国家間の交渉や制裁に自然災害を装って攻撃をしているという内容なのだが、はたして…

そして次のターゲットはイランか北朝鮮というシナリオなのだが…

一般の学生が入試問題を携帯であっという間に解いちゃう時代、超大国が本腰入れれば、自然くらい簡単にコントロールできちゃうのかも!

できれば、山にはいつもパウダーを、俺んちの前はいつも春ってことで平和利用をお願いしたい。


posted by 宮下岳夫 at 15:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップへ戻る
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。